So-net無料ブログ作成
検索選択

脳骨髄液が正しく循環すれば腰痛は治る [椎間板ヘルニア入院体験記]

スポンサーリンク


こんにちは[犬]


ラーメン大好きラーメンマンです[レストラン]



今日は、最近再発した腰痛について書こうと思う。





腰の右側付近がズキズキと痛む[むかっ(怒り)]



床に置いてあるものを屈んで取ろうとするときや、


靴下を履こうとしたとき、


ズボンに左足を通そうとしたとき、


などあらゆる屈んだ動作で痛みを感じる。




これは「まずい」[がく~(落胆した顔)]




あの時のトラウマがあったため、


善は急げということで


近くの整骨院へ通うことにした。





二日に1回くらいのペースで通い、


電気治療、マッサージ、牽引器などを使い、


計4回ほど通ったものの


中々よくならず、


以前通った尾久整体院にお願いすることにした。




料金が高いなんて言ってられない!



ひどい腰痛の時には何もやる気にもならないものである。




そんな辛い腰痛から早く逃れたい一心で藁をもすがる思いで。




尾久整体院に電話した時には、


どうやら私のことを覚えていてくれたらしく、


快く引き受けてくれた。




そして治療が始まり、


別途に仰向けになると、


何やら空気の入った小さいクッションのようなもの(ソフトブロックと言うらしい)を



左の腰の下に一つ、


の脇の下付近に一つ、


体の下にクッションを挟むような感じで置かれて、


約5秒ほど。




そして今度は、


左右を入れ替えてまた5秒ほど。




何をしているのだろうか?と思いながらも


あれ?不思議と腰の痛みが和らいだ感覚を覚えた。




治療時間10秒ちょっと。



あんなにズキズキ痛かった腰痛がものの10秒で痛みがなくなった。



一体何をしてくれたのだろうか?



「今何したんですか?」と尋ねると、


「体の中の水の流れをよくしたんです」と先生。




つまり、腰痛は体液の流れをよくすれば治るというもの。




もちろん骨盤のゆがみを治さないことには、



いくら体液の流れを矯正しても意味がないが。。




でも応急処置的に腰痛の痛みを軽減できるのであれば、


家庭でもできそうだ。


今後の治療にも期待できそうだ。




正確な場所にピンポイントでクッションを置くことは


できなくても一時凌ぎにはなりそうだ。




ちなみに、この治療法は

しいて言えば「脳骨髄液循環法」というらしい。



先生は、さらに、子供のあらゆる痛み(病気)は


「脳骨髄液循環法」で全て治るとまで仰っていました。






スポンサーリンク


↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへにほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました