So-net無料ブログ作成
検索選択

清宮選手高校通算107号おめでとう!鈴木健は高校通算83号で7位 [野球]

スポンサーリンク


2017年7月28日、


高校野球界史上最高の強打者と言われている


早稲田実業高校の清宮幸太郎内野手(3年)が、


神宮球場で行われた西東京大会の準決勝にて、


八王子高校戦で高校通算107本目のホームランを放ちました。




これで


兵庫県の神港学園高校の山本大貴(元JR西日本)選手が


記録した最多本塁打記録に並びました




チームは4-1で勝利し、


30日の決勝で東海大菅生戦へと駒を進めました。


残すは決勝のみ。




もし、

決勝戦で高校通算本塁打の新記録を達成したら凄いことですね。




ちなみに、今日のホームランも、


今年のドラフト候補選手の米原大地投手(八王子高校)から放っており、


価値のある一発であることには間違いありません




ちなみに、過去の高校通算本塁打ランキングの上位には


どんな選手がいるか調べてみました。


ざっと、こんな感じ。




1位:107本 山本大貴(神港学園-JR西日本)


2位: 97本 黒瀬健太(初芝橋本-ソフトバンク)


3位: 94本 伊藤諒介(神港学園-法大-大阪ガス)


4位: 87本 中田翔 (大阪桐蔭-日本ハム)


5位: 86本 大島裕行(埼玉栄-西武)


6位: 85本 横川駿 (神港学園-立命館大-王子)


7位: 83本 鈴木健 (浦和学院-西武-ヤクルト)




1位の山本大貴選手は、プロ野球に進んでないのも意外ですよね。


現在は、JR西条駅の駅員をやっているそうです。



2位の黒瀬健太選手は、ソフトバンクに入団したものの、

まだ一軍での出番はありません。



3位の伊藤諒介選手もまだプロ野球へは進んでいません。



4位の中田翔選手は、言わずと知れた侍ジャパンの4番ですね。



5位の大島裕行選手は、2012年で引退。

成績もあまりパットしませんでした。



6位の横川駿選手もプロ野球へは進んでません。



ここまででプロ野球で活躍している選手は


中田翔選手くらいですね



高校時代に本塁打を量産したからと言って、


そのままプロで活躍出来る訳ではないのですね。



厳しい世界です。



そして、待ってました!



7位に我らが鈴木健選手!



私の世代で知らない人はいないと言っても過言ではありません。


高校通算83号は、当時私が小学生の頃、手に石灰を付けて、みんな真似していました。


当時は、バッティンググローブを使用できなかったため、


手や腕にロジンを塗ったくっていましたね。


懐かしいですね。



話は大きくそれてしまいましたが、


清宮君、新記録の樹立頑張ってください




スポンサーリンク


↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへにほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへにほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました