So-net無料ブログ作成
検索選択
内海哲也の一軍マウンド ブログトップ

巨人vsソフトバンク、内海哲也初勝利愚か緊急降板 [内海哲也の一軍マウンド]

巨人vsソフトバンクは、

勢いのあるソフトバンク打線を止めることができず、

8対4とソフトバンクがリードを広げています。

先発の内海哲也は、

4回途中で両足を吊り降板。

今年初のマウンドは勝利どころか

無念の緊急降板という結果となりました。


本人のコメント通り、これでは話になりません。

二年連続最多勝を獲得し、

年俸4億円をもらっていても、

ダメなときはダメということがよく分かりました。

このまま終わってしまうのか、

それともカムバックしてくるのか。


このまま引退だけは避けていただきたい。

内海よ、いつ一軍マウンドに戻って来るのか? [内海哲也の一軍マウンド]

現在も二軍で調整中の内海哲也投手は

28日のイースタン・ロッテ戦(浦和)に登板したが、

7回2失点とまずまずの内容。

しかし見方打線の援護もなく負け投手となった。

リーグ4連覇、日本一奪回に向けて必要な戦力には

違いないのだろうが、

現状では“ローテ6番手の大竹以下”の低評価ということ。

“元エース”に厳しい現実が突きつけられている。




巨人内海哲也1軍マウンドへの準備 [内海哲也の一軍マウンド]

左前腕部炎症で2軍で調整をし続けていた

巨人内海哲也投手が5/14の

イースタンリーグのロッテ戦(ジャイアンツ球場)で

故障明け2度目の先発マウンドに立った。


この日は制球に苦しみながら、

5回を投げて被安打4ながら5四死球で

4失点(自責1)。

「痛みがなくゲームで94球を投げられたのは収穫」としつつも、

「技術的な問題。全体的に逆球もあったし、

内角に投げきれないところもあった」と

表情から笑みは見られなかった。


岡崎郁二軍監督も「残念ながら今日の感じでは

一軍にいって投げるのは本人も不安があると思う」

と話していた。




内海哲也の一軍マウンド ブログトップ